多事通信

日々気になったことからあなたのお役に立てる情報を!

横浜デートにおすすめの港の見える丘公園!告白や服装はどうすべき?

 

 

約10年ほど前のみなとみらい線開通と同時に、

瞬く間に観光地としての地位を

不動のものにした港町横浜について、

伝えたいと思います。

 

横浜観光といえば、真っ先に桜木町駅

みなとみらいを思い浮かべるでしょう。

 

様々なショッピングモールに

目を見張るような大観覧車。

 

次々と新作と話題を生み出すスイーツなどの

グルメ情報も四六時中、発信されています。

 

そんな最新を仕入れるのは

とても楽しいものです。

 

しかし、たまには趣向を変えた観光を

味わうのもいかがでしょうか。

 

みなとみらい誕生の前より存在する、

港の見える丘公園』をご紹介いたします。

 

なんだか長い、しかも舌を噛むような名前ですね。

 

しかし、一度きいたら忘れられない、

印象深い名前です。

 

この公園こそ、本物の横浜を感じていただけると

断言いたします。

 

本来のデートに実はふさわしい場所

といっても過言ではありません。

 

筆者は港の見える丘公園

デートでよく利用していますので

その魅力、告白場所、服装などについて

詳しくご紹介いたします。

 

 

 

港の見える丘公園をデートにおすすめする理由

 

f:id:wefee:20190712224610j:plain

 

 

公園内は、まずはなんといっても、

横浜港が一望できることです。

 

横浜の代名詞であるベイブリッジまで見えます。

それは、高台にあるからです。

 

普通は平坦な場所に位置しますが、

坂の上の公園なのです。

 

デートにふさわしいかのごとく、

特別で神聖なのです。

 

はるか彼方、横浜港の少しうえに目をやれば

雲が広がり、特に晴天時は格別です。

 

雲のないまっさらな快晴、

雲の間に点在する青空、

はたまた灰色一色の曇天と、

空色を選びません。

 

天空の公園と別名をつけたいぐらいです。

 

坂ならぬ山の上から、

海と空まで望むことができるこの上ない贅沢。

 

公園の設計者に感謝です。

 

実はまだ行ってませんが、

夜はライトアップされるそうで、

時間帯を選ばずデートが楽しめます

 

f:id:wefee:20190712224826j:plain

 

昼と夜、それぞれの顔を楽しむのも

よさそうですね。

 

例えば、横浜で宿泊旅行を計画ならば、

昼に訪れ、ホテルや中華街で夕食後、

また夜に訪れるのです。

 

もうひとつ、

公園内で四季折々折々の草花が楽しめ、

特に、春と秋の2回にわたり、

バラが見ものだそうです。

 

100種類は超えるとか。

 

それぞれのバラの名を書いた札を見ながら、

「次はどんな名前かな?」と、

二人で子供に戻るのもよいデートプラン

だと思いませんか?

 

しかも花言葉は「」「」。

 

いまさら、説明するまでもありませんよね、

お二方におまかせいたします。

 

 

 

港の見える丘公園の告白場所

f:id:wefee:20190712224706j:plain

 

 

 

海が一望できる場所にベンチがあります。

 

上を見上げると、

面白い形のアーチが広がっています。

 

港の見える丘公園の名物でもあります。

 

根岸線石川町駅ホームの壁に

絵がかいてあるくらいです。

 

天、山、海、地がそろう自然の中、

遥か横浜港から穏やかにそよぐ

海風になでられれば、

自然と告白する気になります。

 

前述のとおり、昼でも夜でも、

申し分のない雰囲気です。

 

どちらを選んでも、忘れ難い、

特別な思い出になることは間違いありません

 

告白後は、ベンチに腰かけたまま

海を心おきなく眺めるのが、告白も愛も浸透し、

その後の二人の幸せにつながる

気がしてならないのです。

 

私は未婚ですが、またとない、

二度とないこの機会(チャンス)に結婚の申し入れ、

エンゲージリングを渡すのも大有りだと思います。

 

 

 

港の見える丘公園ではどんな服装が似合うか

 

最も近い、元町・中華街駅からでも

急坂を登らねばなりませんので、

軽装に限ります

 

デートの雰囲気を重視ならば、

一見はスカートに見えるガウチョパンツ、

低いヒールの歩きやすい靴を履きましょう。

 

おしゃれで機能的な靴が

今は数多くそろっています。

 

バッグは斜め掛けタイプかリュックで、

両手をあけておきましょう。

 

 

 

港の見える丘公園の料金・値段

 

入場料は一切、かかりません

 

24時間出入り自由ですが、

周辺の記念館などは入館料を支払ったり、

夕方早めに閉まります。

 

カフェが併設の場合は

なるべくお茶も早めにすませましょう。

 

坂の上のエリアも名カフェが点在しますが、

間隔があき、歩く距離も長めです。

 

前もって決めておきましょう。

 

 

 

港の見える丘公園の周辺おすすめスポット

f:id:wefee:20190712224732j:plain

 

 

 

大佛次郎記念館はいかがですか。

 

猫好きで有名な作家さんであり、

文学にさほど興味はなくとも、

猫が好きであれば一度足を運んでみましょう。

 

猫と一緒に写る次郎さんの写真が

展示されています。

 

入館料は200円と手ごろです。

 

第2、第4土曜日に限り、

高校生以下は無料です。

 

猫にちなんだグッズの販売に、

カフェも併設されています。

 

カフェレジ横にも

猫のグッズが販売されています。

 

ちなみに私は、赤ずきんをかぶった

ぬいぐるみを買いました。

 

ちなみに、最後の1匹なのでした。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

港の見える丘公園は時間帯、四季を選ばず

デートが楽しめます。

 

申し分ない雰囲気なので、

自然と告白もできますよ。

 

ぜひ、素敵な思い出を作って下さいね!

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ